なぜインソールを使うのか?

ホシノのインソールは足の骨格を補整するためのものです。

B+インソールの特徴

足を補整するためのインソールです。

よくある足のトラブル

  • いつもクルブシなどがあたる

    足のバネも弱い状態と思われます。
    運動能力も下がりやすくなります。

  • 拇趾球のあたりが
    痛い

    まずそれ以上
    ひどくならないように
    しなくては・・・。

  • 足が疲れやすい

    ハイアーチの可能性があります。
    足裏が硬くなってはいませんか?

  • キツい靴は嫌だ

    だからといって、
    大きすぎる靴を
    選んではいませんか?

足がゆがんでいることで


  1. こんな状態になっているのでは?

  2. インソールの使用時には・・・

  3. GOODバランスに!

足は左右の違いや大なり小なりのゆがみが誰にでもあります。
左右対称形の既製品補整インソールを使用することで・・・

左右の足の違いを補整することが可能になると考えています。

“ゼロ・ドロップ”のインソールです。

つま先のフラット部分とカカトのフラット部分の厚みが同じなので、靴内の高低差が変わったりカカトが浅くなったりしません。

オブリーク形状の中敷に対しても十分なカットしろがあります。

 

B+インソールの特徴B+インソールはサイズ選択の基準が明確

B+インソールはサイズ選択の基準が明確

  1. まず足の実測値を測りましょう。

    カカトからつま先までの足の長さ(実測値)を測ってください。

    ※必ず立った状態で、両足均等荷重で行ってください。

  2. 足の実測値とインソールサイズを合わせる目安。

    「実測の足長が25.0〜26.0cmの方はMサイズのインソールを目安にしてください」ということを表示しています。

    1. 確認する場合は!!

      自分の足の拇趾球の位置がインソールのアーチサポートの先端部と合っていることを確認してください。

    2. 靴にセットする場合は!!

      靴にはじめから入っていた中敷の大きさに合わせて、B+インソールの先端部をカットする必要があります。

      右図のようにカカトを合わせて、余った部分をカットします。

    3. 足の実測値が同じでも、足のタイプはいろいろです。

      サイズ選びの例 B+インソールのサイズ選択は靴のサイズとは関係しません。

      図のように足の実測値が同じでも、適合するB+インソールのサイズが異なる場合があります。
      1のようにB+インソールに足を乗せて、サイズ確認していただくことをお勧めいたします。

      B+インソールのすべてのモデルでサイズ選択の方法は共通です。

B+インソールの特徴B+インソールはサイズ選択の基準が明確